スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北欧アンティークのステンドグラス

2014.01.20(Mon)

『北欧インテリア』 Comment(0)Trackback(0)
こんにちわ、はちがつです♪

苦手な収納についてエラそうに語って肩がこったので、今回は好きなものについて楽に語りま~す(^O^)/





これは私のお気に入りの眺め夜に照明をつけると、北欧アンティークの室内窓のステンドグラスごしに本棚が見えてステキなのです(≧∇≦)

北欧というと、フィンランドやデンマークを思い浮かべるかもしれませんが、イギリスのアンティークです。

我が家の一階は全ての部屋がゆるやかにつながっています。トイレ以外では一部だけ引き戸で必要なときだけ閉められるようになっています(^_^)

アンティークの室内窓は、リビングとファミリーライブラリ(家族全員のデスクスペース)を仕切る壁に左右対称に使われています。

ファミリーライブラリ側からみると、




リビング側からみると、


こんなかんじです。

な、ん、と、
1920年代のモノだそう!
新築時にネットで購入し、施主支給でつけてもらいました。
そう聞くとお高そうですが、実は国産の室内窓用の普通の製品より安かった^_^

枠はこんな感じで


開閉できるようにしたので、こんな金具をつけてみました。


1920年代イギリスってどんな?と夫に聞いたら、世界恐慌前の不景気な時代だって。
どんな人がこの窓眺めてたのかなあ。想像は、尽きることがありません

似たものを楽天で見つけた、と思ったら私が購入した店ウェリントンの子会社さんが販売していました♪


枠はアンティークのままでも、好きな色を指定してペイントでもお願いできます。うちはそのままですが、きれいなのでシャビーな感じはありません。

室内用に購入しようか悩んだのが、同じ店のアンティークのドア。引き戸にしたかったけど、歪みが心配だったので購入を諦めました。でもちゃんとホームページには引き戸の工事例もあるので、興味ある方はお店に相談してみるとよいかも。うちの現場監督さんには、歪みがあるから、とドアはあまりオススメされませんでしたが。

こんな素敵なのがあります。





ドアは高いですねー。
でも小さなステンドグラスなら高くないものもあります

そういえば学生時代は大学の中・北欧専攻で英語を研究してたっけ。不真面目な学生で食べ歩きばかりしてたけど、北欧インテリアにハマったのも、何かの縁かな(≧∇≦)

このステンドグラスに、イケメン英国青年か渋い英国紳士の幽霊でもうつらないかな~と、夜見るたびにちょっぴり期待したりして

この記事楽しんでいただけたかたは、ポチッと押してもらえると嬉しいです♪
ランキングが上がってやる気がでます^_^

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村


関連記事
トラックバックURL

http://ricotstar.blog.fc2.com/tb.php/52-2f3cef47

トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

はちがつはつか

Author:はちがつはつか
読書とインテリアと美味しいものが好き。
共働きで3才と5才のこどもがいるにぎやかな毎日です。
10年で8回の引越しとマイホームの建築を機に、片づけ下手⇒ちょっとだけ片づけ得意?に進化。
「楽におしゃれに楽しく暮らす」ために、収納やインテリアや便利家電&グッズを研究中♪

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ FC2カウンター
▼ FC2カウンター
現在の閲覧者数:
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QR

pagetop ↑

Copyright © 2019 はちがつはつか all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。